【DTM】DTMって何が必要なんだ?

新村達也です。今日はDTM(デスクトップミュージック)についての続きの記事です。

前回の記事ではDTMとはパソコンで音楽を作る事。という説明をしました。

他のブログとかでもわんさかDTMの記事なんかは沢山あるんですよ!そんな初心者向けの記事書いてもね、もう遅いですよ!って思ってしまいましたが、一応DTMについて書いたので折角なのでね、書いてきましょう。

DTMを始めるに当たって何があれば曲を作れるのか。

【曲を作る為の最低条件】

・パソコン

・ヘッドホン

・作曲用のソフトウェアDAW(デジタルオーディオワークステーション)

正直この三つがあれば曲作れるんですよ。

しかしですね、上の三つでも曲は作れますがパソコンから直接出る音は音楽を制作する上ではあまり音が良くないのです。

その為オーディオインターフェースと呼ばれる機械をパソコンに繋ぐことによって制作に適した音質で音をチェックできるんです。またオーディオインターフェースはデジタルとアナログのコンバーター(変換器)の役割を持っていてギターのシールドを繋いで録音したりできます。後はモニタースピーカーと呼ばれる音の特性がフラットに近いスピーカーを買う事をお勧めします。市販のリスニングスピーカーだと低音が強かったり高音が強かったりとか偏りがあるので正しい音でリスニングできない。つまりは制作用途には不向きなんです。

制作用にリスニングできる環境にする。

・オーディオインターフェース

・スピーカー

更に打ち込みや音の確認などにも使えるMIDIキーボードがあれば、パソコンにUSBを繋いで鍵盤で音を打ち込めちゃうので手早く曲を作れちゃいます。楽器が弾けない人間でも音の確認などにも使えるので持っていて損はないと思います。キーボードによってはドラム打ち込みができるパッドや音量調節に使えるフェーダーの機能を搭載したMIDIキーボードもあるよ。

MIDIキーボードを使う

そうっすね・・・後はなんかこう突き詰めていけばマウスをトラックボールにしてみたり、吸音材を買って設置したり、DTMのバーチャルインストゥメント(仮想の楽器)を買ったり、エフェクトを買ったり、フィールドレコーディングに手を出してみたり、高いマイクを買ったり、家を改装したり、アウトボードを買ったり、スタジオを建設してみたり、バンド組んだり、DJやったりしていくんじゃないですかね・・・・・・

DTMとはゲームの課金よりも闇が深いです。

大袈裟な表現もありましたが、実際突き詰めればキリが無いんです。なので僕個人の感想としては自分のレベルに合わせて少しずつ機材を増やしたり、したらいいんじゃないですかね。最初から全部揃えてしまうのもアリだとは思うのですが、少しずつでいいんですよ。うさぎと亀の話思い出してください。少しずつ継続して楽しくやればいいんですよ!!うん!!

そしてこれは朗報なんですが、ミュージックビデオにありがちな事を歌った曲「MUSIC VIDEO」などの挑戦的かつポップでノリノリなダンスチューンを作るアーティストの岡崎体育さんの作業机がTwitterで公開され衝撃を受けました!!!

え!?ウソでしょ?!受験生の机やん!!と突っ込みを入れられそうな作業机とパソコンと横に小さなスピーカーというアイドルなどにも曲提供をしているアーティストの環境とは思えない程の質素な机周りで作業している事が判明しました。これからDTMを始めようと思う人達には希望のある画像です!!

ざっくりですが今日はまたDTMの必要な機材について書きました正直ね、僕が書かなくてもネットに沢山書いてるのでさらっと書きました。

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です