POLITE(ポライト)は音楽(DTM)やWEB・アウトドアなどを扱ったオールジャンルな記事を書いてしまっています。

【DTM】Ver2.05になり大幅に進化したKAWACHOED2が凄いので書くよ!

どうも新村です!

 

 

以前記事でも取り上げたコードアシスタントソフト「KAWA CHORD2」がアップデートされver2.05になり商用版にステップシーケンサーが搭載され、より強力になったので使用感を書いていきたいと思います!

 

前回の記事

【DTM】話題のコードアシスタントソフトKawa Chord2を買って良かったので書くよ!

 

「KAWA CHORD2」のアップデート方法に関しては販売サイト(http://kawa.works/)のマイページにログインし購入時同様にファイルをダウンロードして上書きするだけでアップデートが完了できました!

 

 

こちらがアップデートされた「KAWA CHORD2」の画面です。右端にあるピクトグラムがステップシーケンサーの切り替えボタンです。

使い方については前回同様にマニュアルが超分かりやすいので省きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「KAWA CHORD2」のステップシーケンサーの機能についてざっくりとまとめます。

  • 自分の作ったシーケンスデータをプリセットとして保存できる。あらかじめ制作者のKAWAさん(@kawakawa_k)が制作されたプリセットがいくつか用意されています。

 

  • 和音入力の他に単音入力があり、フレーズの生成ができます。「KAWA CHORD2」の素晴らしい所は和音構成音のTOPノートやBASSノートなどの切り替え選択ができ、単音入力に切り替えられるのでベースフレーズやメロディを作成するのにとても便利です。何より分かりやすい。

 

  • 続けて同じ音を入力したい場合右方向ドラッグで生成できる。

 

 

 

 

 

  • 気になった方もいるかもしれないですが、カラフルな色分けがされていますがこれはコード入力での転回系の切り替えなどができます。めっちゃ便利です。主にステップシーケンサー入力時にマウスホイールで切り替える事が可能です。以下マニュアルより引用

Sync / 同期 エディタ左上の設定エリアのコードタイプの設定に同期します。
Normal / 基本形 基本形 として入力ステップデータを設定します。
Inversion 1 / 第1転 第1転回形 として入力ステップデータを設定します。
Inversion 2 / 第2転 第2転回形 として入力ステップデータを設定します。
Inversion 3 / 第3転 第3転回形 として入力ステップデータを設定します。

 

まとめ

アップデートで以前よりも更に強力になった「KAWA CHORD2」ですが、操作性のシンプルさと多機能性が兼ね揃えられていて、本当に素晴らしいです!!

ちなみに「KAWA CHORD2」新村オリジナルの使い方としてはリアルタイム録音でコードを入力するという使い方もしたりしています笑。

今回のステップシーケンサーもとても使いやすいですし、フレーズ生成にもめちゃくちゃ使えると思います!!

 

ドラムのループサンプル以外は簡単な感じですが、KAWACHORD2のみで作ってみました!

 

ではでは

 

【購入&アップデート先】

http://kawa.works/

 

 

 

by
アウトドア派というよりはインドア派Polite(ポライト)では音楽・ガジェット系・読書レビューなどを担当。現在大学生。クリエイティブに生きる事がテーマです。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です