POLITE(ポライト)は音楽(DTM)やWEB・アウトドアなどを扱ったオールジャンルな記事を書いてしまっています。

【DTM】結局MacとWindowsどちらがいいのか??

どうも新村です!

キノコ・タケノコ戦争に匹敵するほどの論争を生みそうな話題。それがDTM(デスクトップミュージック)におけるPCはWindowsかMacどちらを使うかです。

 

今回はDTM(デスクトップミュージック)における作業環境はMacとWindowsどちらが良いのかという問題について両方使用した事がある新村の視点から双方のメリット・デメリットについて話したいと思います

 

【Windows】

 

 

 

 

 

 

 

 

windowsはMacと比べると値段が安く済みます。(Macと同等のスペックを組む場合)更にはHDD(ハードディスク)やSSDなどのデータ保存領域を簡単に増やすことができます。

Windowsの場合は家電量販店での購入はおススメできません。家電量販店のパソコンはDTMをするにはスペックがかなり低いです。

なので自作またはBTO(顧客の注文に応じて部品の組み立てや出荷・販売する方式)などでの購入がおススメです。

【BTOのお店】

 

 

ドスパラ

 

MOUSE

 

などが有名です。

更にハイエンドなDTMユーザー向けだとPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅも手掛ける音楽プロデューサー中田ヤスタカも愛用していたOM FACTORYという会社がオーダーメイドでパソコンを受注生産してくれます。ただし、これは通常のパソコンではなく、特殊スペックで更にカスタムオーダーなのでお値段はかなり高いので覚悟が必要です。恐らく50万円~100万くらいだと思います。

 

またフックアップとOM FACTORYがコラボしたAMSTRONG+UADという商品もあり、こちらも完全生産限定で取り扱っています。値段は38万円~70万円

 

 

 

 

 

 

http://hookup.co.jp/products/om-factory/om-armstrong/prices

 

 

ちなみに余談ですがUAD(ユニバーサルオーディオ)のオーディオインターフェースはハイエンドなものが多いですがPCの環境が合わないと上手く作動しないという事もあり、折角購入したのにPCの環境のせいで全く使い物にならないというケースが多発しているので、最初から動作確認が行われているモデルを購入すると安心だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなハイエンドモデルPCは中級~上級者向けなので、初心者の方は5万円~10万円のパソコンからはじめるのもありだと思います。長い目で見ると値段的には10万円~18万円のものが新村のおススメです。

 

ちなみにデスクトップパソコンを前提に書いていきましたが、持ち運びもしたいという方はノートパソコンでも大丈夫です。

ただノートパソコンはデスクトップと比べるとスペックが劣ってくるのでゲーミングノートくらいのスペックは欲しい所です。

【Windowsメリットデメリット】

メリット

  • 値段が安く高スペック
  • 拡張性が高い(HDDやSSDの増設も簡単)
  • windowsにしかないDAWやプラグインも存在する。(例えばFL Studio。ただしFLはMacβ版が既に出ているのでいずれはMacに対応)
  • フリープラグインが沢山ある。
  • 壊れた時も一部の部品交換で済む(かもしれない)

 

デメリット

  • MacにしかないDAWやプラグインも存在する(例えばTRAX PRO3LogicProX
  • windowsはバックアップがめんどくさい。(分かりにくい)

 

【Mac】

 

 

 

 

 

 

 

 

Macは一見難しく見えますが、操作性がシンプルで分かりやすいです。お母さんには僕はWindowsよりもMacをおススメしたいと思います。

MacにはMacMini・Macbookpro、Air・MacProがありますが、今回は的を絞ってMacBookProとMacProについて話そうと思います。

 

【MacBookPro】

 

 

 

 

 

 

 

ノートPCでもスペックが高いMacbookPro。ノートPCなのに馬力が出てくれるのがMacbookProの良いところで、ちょっとした動画編集もできます。見た目もスリムでWindowsのノートと比べるととても軽いです。最近はどのPCも軽くなっていますが・・・後はデザインがカッコイイですよね。

 

ただし、値段が高くなってしまうのがMacの辛さです。20万~30万くらいは掛かります。MacbookProを愛用しているプロのユーザーも多いです。特に最近の傾向としては環境に依存せずに作業できるというのが求められている気がします。中田ヤスタカさんも最近はOM FACTORYからMacbookProに乗り換えたそうです。

今は携帯用のオーディオインターフェースも様々なメーカーが発売しているので持ち運ぶにしてもそんなに荷物にならないです。

移動時間にDTMで作業できるのは時間の有効活用ですね。

 

 

【MacPro】

 

 

 

 

 

 

 

 

Macで最高スペックを目指すならMacProです。動画編集や3DCG、音楽制作まで対応できます。その代わり値段もかなり高めです。

最低38万円~最高100万円くらいですね。新しいモデルも出るみたいですね。

 

Windowsのデスクトップ並みのPCをMacで買うならMacPro一択です。

 

【Macでのメリット・デメリット】

メリット

  • MacはWindowsのように様々なメーカーで作っている訳では無くApple一社なのでその分ソフトウェアの不具合が少なかったり、安定性がある。
  • バックアップが簡単(タイムマシンという機能がある)
  • LogicProXなどApple社のみが提供している製品を使える。ちなみにLogicProXはDAWの中でも高機能な上2万円程なのでMacユーザーにはLogicProXをおススメしたい。
  • MacbookProの場合制作環境に依存せず、外出時もDTMできる。軽い
  • デザインがカッコイイ。
  • 修理はAppleストアや公認店で受け付けているので店に出せばとりあえず治せる。

デメリット

  • 値段が高い(最低でも20万くらいのは欲しい。)
  • 拡張性が低い
  • Windowsしかないソフトウェアやプラグインもある。
  • HDDやSSDのデータ容量が少ない。

 

という感じでしょうか。

Macは後々なかなか拡張する事ができないので購入時に先を見据えたスペックを選ばないといけないです。

買ってからソフト音源を購入したりするとどうしてもHDD(ハードディスク)やSSDのデータ容量が無くなってくるので1TBくらいあると余裕があります。

メモリは最低でも16GBくらいは欲しい所です。というようにスペックを上げていくと簡単に20万を超えていくと思います。

 

Macを少し安く買うには価格.comなどで購入するとAppleのストアで購入するより安くすみます。

ただSSDやHDD(ハードディスク)の容量をカスタムできないので、自分なりにカスタマイズしたい方はAppleストアがおススメです。

Appleストアにはローンや学割などのオプションもあるのでそちらを利用するのも良いと思います。

 

付けるかどうか非常に悩ましいAppleケアですが、通常の保証期間1年を3年に延命できます。少々高いですが購入してから故障すると倍以上お金が掛かるので入っておいた方が良いと思います。

ちなみにApple公式ではMacの耐用年数は大体4年ぐらいだと言われています。

 

まとめ

という感じでWindows VS Macですが正直DTMはどちらも良さがあり、どれが良いとは決められませんが、今回書いたメリット・デメリットを参考にして頂けると嬉しいです!!

 

・Macを選んだ方は後々データ容量を増設する事が難しいのでHDD(ハードディスク)SSDは最低1TB、欲を言えば3TBくらい欲しいですが、3TBはオプションに無いと思います。メモリは最低16GBくらいあると嬉しいです。Appleケアも忘れずに!

ちなみにWindowsからMacに乗り換える方は操作が不安かもしれませんが三日くらい使えば慣れると思います!

 

 

・Windowsの方はバックアップをこまめに取るようにしましょう!最低一カ月に1度くらいの頻度で。また購入時はSSDとHDD両方を装備しているタイプのモデルの購入をオススメします。SSD側にOSがインストールされていると起動がめちゃくちゃ早くなります。恐らく市販でSSD、HDDが両方装備しているタイプはあらかじめSSD側にWindowsがインストールされています。

こちらもメモリは16GB SSDは最低でも256GBくらい欲しいです。128GBだとちょっと足りなくなります。HDDは3TBくらい欲しいですね。

 

ざっくり言うと

持ち運びしたい方、環境に依存したくない方はMacbookPro、コストを抑えるならWindowsノート。据え置きで良いならWindowsデスクトップ。ちょっと値段が高くてAppleが好きならMacProですかね。

 

ではでは

 

【Windows関連リンク】

BTO・自作・ノートパソコン

ハイエンド特殊スペック

 

【Mac関連リンク】

カスタム無しでコストを抑える

自分に合ったカスタマイズ、学割やローンも対応

 

by
アウトドア派というよりはインドア派Polite(ポライト)では音楽・ガジェット系・読書レビューなどを担当。現在大学生。クリエイティブに生きる事がテーマです。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です