【DTM】はじめてのサードパーティ製プラグインの購入について

こんにちは今日はみなさんがDTMをはじめてDAW(デジタルオーディオワークステーション)を既に購入した前提での話です。新たにサードパーティ製の音源やエフェクトが欲しいけどどうやって買うのか?という話です。

 プラグイン販売サイト・販売店から購入。

まず新たにプラグインを購入するにはプラグインを扱っている販売サイトまたは販売店から買うことになります。

日本で言えばMedia Integration, Inc.(メディアインテグレーション)やDirigent(ディリゲント)、Rock oN Companyなどがあります。楽器店などにもパッケージで販売されていますね。他にもまだ販売サイトはありますが、それは次の記事でまとめていきたいと思います。

ダウンロード販売とパッケージ販売の違い

ダウンロード販売とパッケージ販売の違いですが、パッケージ販売というのは要するにインストールするもの自体はデータに変わりはないのですが、パッケージ(箱)付きで購入という事になるので自宅まで商品購入後郵送される形になります。ダウンロード販売はインターネットでのオンライン販売なので、代金を支払った後メールにてダウンロードリンクが送られてきて商品を購入するという形になります。

パッケージ販売の場合

【流れ】代金支払い→発送→自宅に届く

メリット:はパッケージがあるのでそれさえあればいつでもインストールできるという所や所有欲が満たされるという事でしょうか。最近だとパッケージと同時にメーカーでアカウントで商品を登録し管理される事が多いのでパッケージのメディアが破損してもデータのみダウンロードできるようになっているメーカーが殆どです。

デメリット:代金支払いから自宅に郵送されるのでその分時間がかかります。

ダウンロード販売の場合

【流れ】代金支払い→メールで納品

メリット:商品代金の支払いからメール郵送されるまでの時間が短い。購入後即メールが届き、すぐ使える。

価格がパッケージ版より安い。

デメリット:購入後ダウンロードの有効期限があるメーカーなどもある。キャンセルが難しい。

海外販売サイトでの購入に関して

いまや数えきれない程のプラグインが色んなメーカーから出ています。メーカー自体のサイトでの販売もありますが、代理店サイトに販売を委託しているメーカーも多いです。国内の代理店サイトもかなりの数のメーカーのプラグインを扱っていますが、扱っていないプラグインも数多くあります。なので海外の販売サイト(例えばPlugin Boutique等)からプラグインを購入したいという事もあると思います。ただ海外のサイトではクレジットカードやPayPalでの購入が当たり前で、日本の国内サイトのように支払い方法に代引きやコンビニ支払いがあるわけではありません。なので最低限クレジットカードが必要になります。また、Vプリカのような仮想クレジットカードは支払いが出来ない事があるので注意してください。

私の場合はクレジットカードで支払いをするのが結構怖いので、クレジットカードをPayPalに登録しています。Paypal超便利です。

まとめ

早くプラグインを使用したい場合はダウンロード版をおススメします。あとはしっかり購入した商品を管理していく事も大切です。

国内のプラグイン販売サイトは支払い方法なども多く、日本語でサポートもしっかりしているので安心して購入できます。

海外のプラグイン販売サイトでは頻繁にセールをします。海外サイトでのプラグイン購入は何もかも英語でちょっと勇気がいりますが、是非クレジットカードを作ってPayPal登録してみましょう。

次回は販売サイトなんかをまとめていきたいと思います。

🔷合わせて読みたい記事

【DTM】海外サイトでプラグインを買ってくゾ!よく利用するプラグイン販売サイトまとめ海外編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です