【読書レビュー】日中眠い人に読んで欲しい「スタンフォード式最高の睡眠」

どうも新村です。

今日は「スタンフォード式最高の睡眠」という本を読んだのでレビューしていきたいと思います。

まず人間の生活時間のうち3分の1が睡眠と呼ばれています。スタンフォード大学は睡眠分野の研究では常に最先端です。世の中では睡眠の本が沢山出版されていますが、この本は中でも信憑性が高い本だと思います。

内容

少しだけ内容を言ってしまうと睡眠は最初の黄金の90分間が重要とされ最初の90分間で良質な睡眠をとることができればその後の睡眠も上手くいきます。しかし、最初の90分間が駄目なら良い睡眠はとれずダダ崩れになってしまいます。

この本では睡眠の実験の統計結果が載っており、正しい睡眠の基礎知識が得られます。また他の睡眠系の本に記載されている内容が実は科学的根拠が無いものであるという事も載ってました。

また終盤では質の良い睡眠をとる為の方法が沢山書いてあります。日本人は特に世界的に見ても睡眠時間が少ない国です。ビジネスパーソン向けた睡眠方法、眠れない人の為の睡眠方法、徹夜しなければいけない状況の睡眠方法などは必見ですね。

この本ではナルコレプシー・睡眠障害について多く書かれています。

ナルコレプシーは、昼間の耐えがたい眠気や、笑ったりびっくりすると全身の力が抜けてしまう情動脱力発作、寝入りばなに現れる金縛りのような症状である睡眠麻痺や、寝入りばなの夢体験による入眠時幻覚を主な症状とする慢性疾患です。

この病気は10代に発症する場合がほとんどで、中年期以降に発症することはまれです。およそ1000~3000人に1人の頻度でみられます。

 ちなみに200ページ弱なので4時間程で読み終わりました!(早いのか遅いのかどっちだろう・・

価格

1500円+税

リーズナブルな価格だと思います。

まとめ

現代はスマホやパソコン、24時間営業の店、テレビなど睡眠を阻害する物が沢山存在しています。本でもありましたが、就寝時のスマホは眠れなくなります。ブルーライトの影響というよりは正しくは脳が刺激されてしまうので寝られなくなってしまうようです。

僕は前まで睡眠に関しては量を沢山とっておけば良いだろうと思っていましたが、睡眠をしっかりとったのに一日中眠い日があったりします。この本の内容通り量も必要ではありますが質を確保しなければ疲れもとれず、翌日良いパフォーマンスが出来ないのです。

なんだか日中眠いと感じる方、寝る時間がうまく確保できない方、寝付けない方、翌日のパフォーマンスを上げたい方、健康になりたい方にお勧めしたい本でした。

人生の3分の1は睡眠だという事を思い出して睡眠についてもっとしっかり目を向けてみましょう!

僕は今本に出てきたAirWeveの寝具が欲しいです。結構高いのでいつになるか分からないですが欲しいなー

http://airweave.jp/

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です