【読書レビュー】次から次へと好きな事をはしごしまくる現代人に必要な力「多動力」を読みました。

どうも新村です!本屋でもよく見かける堀江貴文さんの「多動力」を読みました!

 
ポライトでは以前ハヤテ君がブログで触れていましたね。
 

「多動力」とは

今の時代は全産業のタテの壁が溶け、lOT(Internet of things)と呼ばれるすべての「モノ」がインターネットに繋がり、その時代に求められるのは、各業界を軽やかに超えていく「越境者」で「越境者」に必要なものは次から次に好きな事をはしごしまくる「多動力」であり、その「多動力」に溢れる堀江貴文さん自身の生き方について書かれている本
 

こういう人にオススメしたい

  • 他人に翻弄されて時間を浪費している自覚がある
  • 一歩踏み出す勇気が出せない
  • 嫌々仕事をしている
  • 社畜
  • 仕事の効率を上げたい

項目

第1章 一つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
第2章 バカ真面目の洗脳を解け
第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
第4章 「自分の時間を取り戻そう」
第5章 自分の分身に働かせる裏技
第6章 世界最速仕事術
第7章 最強メンタルの育て方
第8章 人生に目的なんていらない
 

価格・読了時間

1400円
1時間程
 

感想

把握しきれない程のプロジェクトをもち、一日に何件もの店を周り、バラエティからコンサルタントまで職種を問わず色んな場所へ引っ張りだこの堀江さんの仕事術は徹底していて素晴らしいです。
 
 
中でも印象的だったのが、電話はリズムを壊すので使わない主義だったり、家を持たずホテル暮らしでスマホ一つで仕事をしている事でした。最近よく思うのが日本人は丁寧で礼儀正しいですが、同時に無駄が多く沢山の時間を無駄にしていると思います。
 
この本では無駄な事は徹底的に削ぎ落し、「多動力」を身につける為の生き方のヒントが書いてあり、章の終わりごとに要点がまとまっている所も良いです。
また堀江さん自身も一番重要なのは健康であり、睡眠と述べています。
 
以前レビューした神時間術でも睡眠の重要性が書かれていました。
 

【読書レビュー】精神科医の医学メソッド×アメリカ式の効率的な「時短術」=「神時間術」

「多動力」を身に付けるのは日本の社会の枠組みの中にいると実行するのは難しそうですが、おれはこういう人間だと割り切ってしまえばできそうですね。

ではでは

 
🔷合わせて読みたい記事
 

【読書レビュー】日中眠い人に読んで欲しい「スタンフォード式最高の睡眠」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です