POLITE(ポライト)は音楽(DTM)やWEB・アウトドアなどを扱ったオールジャンルな記事を書いてしまっています。

【音楽】映画打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?楽曲「打上花火」のメンバーについて少し

どうも新村です!

 

この記事は前回の記事の続きになりますが雑記のつもりが予想以上に長くなってしまったので、改めて一つの記事としてまとめたいと思います。

【雑記】「打上花火」のようでようでない話。サブリミナル的な話。ミサイルな問題の三本

 

という事で前回アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌「打上花火」を歌っているDAOKOさん米津玄師さん、アレンジャーの田中隼人さんについて簡単に紹介していきます。(映画見てません)

DAOKOさんについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラッパーでもあり、ウィスパーボイス(囁くような声)が特徴的なDAOKOさんですが、ニコニコ動画出身でもあります。

以前は顔出しをしておらず、顔がわかりませんでしたが、2015年のDAOKOインディーズBESTのリリースしたあたりから顔出ししたりメディアへの露出が増えました。以前顔出しが出来なかった理由は学校の芸能活動への規制が厳しく顔出しができなかったらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的に好きな曲を紹介していこうと思います。

DAOKO – 戯言スピーカー Rap Version

15歳の時、初音ミク・オリジナル曲「戯言スピーカー」をラップ・バージョンにリアレンジしてニコニコ動画に投稿。

その後インディーレーベルlowhighwhoレーベルに所属。

 

【MV】世界征服やめた feat.daoko / 不可思議/wonderboy

不可思議/wonderboyの2ndアルバム『さよなら、』に収録された「世界征服やめた」にコーラスで参加。

DAOKO「水星」

tofubeatsさんの「水星」という曲をDAOKOがカヴァーしたVer。Youtubeコメントでtofubeatsさんの「水星」MVにDAOKOに許可とってんの?というコメントが寄せられるなどDAOKOさんの「水星」がカヴァーという事を知らない人も多かったのではないでしょうか。

 

原曲tofubeats「水星」

tofubeats – 水星 feat,オノマトペ大臣(PV)

当時インディーズながらもtofubeats「水星」はiTunesチャート総合1位に輝きました。

またこの曲はTOWA TEIさんの「KOJI1200/ブロウ ヤ マインド~アメリカ大好き」を弾きなおしたものだともいわれています。コード進行やメロディも一致しています。

KOJI1200 ブロウヤマインド

日本アニメ(ーター)見本市

スタジオカラー・ドワンゴが贈る短編映像シリーズ「日本アニメ(ーター)見本市

の企画でアニメーションにDAOKOさんと音楽プロデューサーTeddyloid(テディロイド)がコラボした曲が起用され海外でもとても反響があり、その後も何度かコラボしていきますが、TeddyloidさんのダブステップやEDMといったダンスミュージックとDAOKOさんとの相性が抜群に良いです。

アニメーション作品 MEMEME

残念ながら日本アニメ(ーター)見本市での配信は終了してしまったのでYoutubeの動画を引用させて貰います。

専門学校HALのCM曲で再度Teddyloidさんとのコラボが続きます。

Teddyloidさん×DAOKOさんのコラボは個人的にとても好きです。

『もしも僕らがGAMEの主役で』 Music Video[HD]

DAOKO 『ShibuyaK』 Music Video Midium ver[HD]



後個人的に好きなのは近所のスーパーの有線でも流れていたDAOKO『拝啓グッバイさようなら』

個人的に好きな曲の紹介でした。

 

次は米津玄師さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米津さんもDAOKOさんと同じくニコニコ動画出身ですが、以前はハチという名前でボーカロイド曲を作っていました。

ハチMV「マトリョシカ」

 

ハチ MV「パンダヒーロー」HACHI / Panda Hero

この時に既に独特の世界観です。

最近ではハチ名義での新曲もありました。

ハチ MV「砂の惑星 feat.初音ミク」HACHI / DUNE ft.Miku Hatsune

 

2012年の1st Album『diorama』ではハチではなくヴォーカルも名義も米津玄師さんで活動しています。(僕の記憶が正しければ)

曲とムービーもセルフプロデュースなのが凄いです。ここでも米津さんの独特な世界観が垣間見れます。

 

 

2015年の米津玄師 MV「アンビリーバーズ」では楽曲のメジャー感が増し、2012年頃と比べると各段にクオリティが上がっています。

その後では2016年「LOSER」では米津さんがコンテンポラリーダンスのような踊りをするMV

この時たしか何かのインタビューでダンスをするのはじめてだったと語っていたのを覚えています。

映画「何者」ではPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅのプロデュース、CAPSULEなどでも活動している中田ヤスタカと米津さんのコラボ楽曲が話題を呼びました。

中田ヤスタカ 「NANIMONO (feat. 米津玄師)」MV FULL ver.

 

米津玄師さんはヴォーカリストとしても高く評価されている事が分かります。

米津さんの持つ独特な世界観は全く別のものと混ざっても壊れずにプラスにしていくという魅力があります。オールマイティーすぎて凄い。。。

米津玄師さんについてはこんな感じで終わりたいと思います。

 

 

田中隼人さんについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直言いうと田中隼人さんについては僕はめちゃくちゃ詳しくないですが好きな曲のアレンジャーが田中隼人さんという事が多いので調べつつ書いていこうと思います。

 

田中隼人さんは現在アゲハスプリングスという音楽プロダクションに所属しています。

以前も何かの記事で書きましたがアゲハスプリングスはメジャーなアーティストの作編曲・作詞・プロデュースをしている。現在の日本のポップスには欠かせない縁の下の力持ちです。

 

田中隼人さんは2005年からアゲハスプリングスに加入。Floor on the Intelligenceという名義でDJとしてダンスミュージックの名門NEW WORLD RECORDSから「ROMAHOLIC」をリリースしています。その他「Haya10」「Hayabusa」などの名義もあるみたいです。

 

YUKI伊藤由奈FUNKY MONKEY BABYSなどの楽曲提供、プロデュースを担当。

 

Floor On The Intelligence ~ Untouchable

 

僕が田中隼人さんを知ったきっかけはもう解散してしまいましたが、アイドルグループTomato n’ Pineの曲がとても良くて、調べるとアゲハスプリングスプロデュースだったという事知りました。

Tomato n’ Pine – Life is beautiful [PV]

YUKI「メランコリニスタ」

 

こちらの曲では編曲に田中隼人さんが参加しています。

 

田中隼人さんはFUNKY MONKEY BABYSのプロデュース曲がかなり多いです。

FUNKY MONKEY BABYS「ヒーロー」

ファンモンと言えば僕が中高生の時はクラスの大半が聴いていたんじゃないかというくらい若い世代から大人まで盛り上がれる曲が多いです。

 

IAというボーカロイドのコンピシリーズの楽曲「クラウドライダー」も田中隼人さん×作詞ジェーンスーさんというアゲハスプリングスコンビ曲を発見しました。

【IA】クラウドライダー【オリジナルPV】

 

個人的には田中隼人さんは展開の勢いが強い爽快なダンスミュージックを得意としている気がします。

という事で「打上花火」のDAOKOさん、米津玄師さん、アレンジャー田中隼人さんについて少し紹介できたかなと思います。

またぼちぼち映画も観に行きたいと思います。その辺も書きたいと思います。

ではでは

by
アウトドア派というよりはインドア派Polite(ポライト)では音楽・ガジェット系・読書レビューなどを担当。現在大学生。クリエイティブに生きる事がテーマです。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です