【DTM】Sample LogicからKontakt対応のエレクトロ音源Loop Session Series ELECTRO CITYがリリース

Sample Logic(サンプルロジック)から1000以上のエッジの効いたエレクトロなループを収録した Loop Session Series(ループセッションシリーズ)ELECTRO CITY(エレクトロシティ)がリリースされました。これは以前発売されたELECTRO CITYの拡張版という位置づけでしょうか。

特徴

  • 2.2GB・WAV/AIF形式またはNative Instruments社のサンプラーKontaktに対応したループ集
  • 21のKontakt音源を一つに結合し、1010ループ収録。
  • お気に入りのループをマークしLSS(Loop Session Series) instrumentsやElectro Cityにプリセットできる。
  • 既にELECTRO CITYを所有者向けのクロスグレードと所有していない人向けのKontakt版の2フォーマットが存在。
  • ELECTRO CITYのフルバージョンを所有している場合はダイナミック4コアエンジン、ブラウザ、マルチプリセット、ステップシーケンサー機能にアクセスできるようになる。
  • Kontakt (Full版)とKontaktPlayer(Free版)いずれもver5.68が必要になります。

デモサウンド

※こちらはElectro Cityのデモ映像です。

Loop Session Series ELECTRO CITYはイントロ価格では通常$119が$99になっています!またELECTRO CITYからのクロスグレード版は$49になっています。

ELECTRO CITY自体は通常$299なので少々高めですが、体験版として Loop Session Series ELECTRO CITYを購入して気に入ったらフル版の ELECTRO CITYを購入という感じでも良いかもしれません。

【 Loop Session Series ELECTRO CITY購入】

【ELECTRO CITY詳細】

Electro City

🔷KONTAKT Playerを持っていない方はダウンロードについて解説した記事があるのでこちらをご参照ください!

【DTM】赤ちゃんでも分かるNative Instruments社のKONTAKTPlayerのダウンロードの仕方について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅好き・山好き・海好き アウトドア界の何でも屋(自称) 最近はクライミングと海外旅行に目覚める。 とにかく面白い記事・皆さんに興味を持ってもらえるようなことを書いていきたいです! よろしくぅ!