【DTM】Signum Audioがラウドネスアナライザープラグイン「Bute Loudness Analyzer」をリリース!

どうも新村です!

Signum Audioがラウドネスアナライザープラグイン「Bute Loudness Analyzer」をリリースしました。

ラウドネスメーターにおける幅広いプリセットを内包しています。最近ではYoutubeや楽曲配信などでもラウドネス規格が導入されているので、ラウドネスメーターがあると便利だと思います。

デモ映像

特徴

  • 選択したDAWと同期し、ワークフローにシームレスに統合し、自動再計測を可能にします。
  • カスタム警告システムは、注意が必要なミックス内の関心のある場所を直接指示します。
  • 自由なスケーリング、履歴ビュー、ウィンドウサイズ調整、視覚設定の変更によるリアルタイム更新などの人間工学的なインターフェイス
  • マルチプラットフォーム、VST、AAX、およびAUプラグイン形式をサポートしています。
  • 短期および瞬間のラウドネス、真のピークおよび従来のRMSのリアルタイム分析による詳細で正確な洞察
  • 調整可能なラウドネスとトゥルーピークターゲットを使用して、独自のカスタムプリセットを作成することができます。
  • ITU-R BS.1770-1、ITU-R BS.1770-2、ITU-R BS.1770-3、EBU R128標準、Spotify、YouTube、Apple Checkなどに完全に準拠しています。
  • エクスポート可能なログにより、ラウドネス標準への準拠を証明することができます。

リンク

ステレオ・バージョンが£200GBP、サラウンド・バージョンでは£250 GBPです。

polite2373.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です